レーシックイメージ

ネットでよく目にするキーワードのひとつレーシック難民とは

インターネット上には、レーシック手術について様々な情報が溢れていますが、手術を迷っている人が情報を漁っているうちに気になるのは当然ネガティブな情報です。
その中のひとつにレーシック難民というキーワードがあります。
レーシック難民とは、術後に何らかの不快症状があるにも関わらず、手の施しようが無いために眼科医から様子を見るように言われ、しかし不快症状があるため困ってしまい、他の眼科を受診してまた手の施しようが無いと匙を投げられてしまう人のことです。
眼科を転々とし受診し続けることから難民という表現が使われるようになったそうです。
レーシック手術による合併症は様々なケースが想定されています。
失明こそあり得ませんが、目が乾くドライアイや、目が疲れやすいなどの不快症状に悩まされるケースがあるのです。
例えば、近視で視力が悪いことに悩んでいた人がいて、その人が1.5という視力を希望し、それに応じる形で手術が行われるとします。
しかしその人はパソコンの画面を見るなど、手元の細かい字を読むことが多いような仕事をしていた場合、視力を矯正しすぎると、遠くは見えるようになるものの、手元を見るためには目をこらさなければならなかったりして、強い眼精疲労の症状やそれに伴う頭痛に悩まされたりすることがあるとのことなのです。
1.5や2.0という視力は数字だけで言うと素晴らしい視力です。
しかし、多くの現代人は日常的にそこまで遠くが見えなくても困りません。
それよりも近くが見えにくいことの方が困ってしまうことの方が多いくらいなのです。
通常、術前カウンセリングで、具体的にどれくらいの視力を回復させる必要があるかを検討します。
しかしその時点で目標とする視力を間違えると、前述したように不快症状が現れやすくなってしまうこともあるのです。
視力が1.5や2.0の人は、それだけ遠くが見えるということです。
そのため、その分かりやすい数字に憧れを持つ人は少なくありません。
その代わり、近くを見るためにはそれだけ目がピントを合わせるために調整しなければならず、その分眼精疲労が蓄積することになるというわけです。
しかし目が疲れやすいなどの症状は、検査をしても数値化することが難しいため、手の施し様が無いということが起こってしまうということなのです。
レーシック手術を決断した時、難民にはなりたくないと考えるのはとても自然なことです。
お金をかけて、時間を割いて、勇気を振り絞って手術を受けるわけですから、最大限の恩恵を受けたいと思うものです。
その為に必要なのは運なのでしょうか。
それもあるかもしれませんが、努力で回避出来ることもたくさんあります。
例えば、正しい知識を得ることです。
前述したように、視力の過矯正で悩まされることがないように、自分のライフスタイルに必要な視力を見極める知識と、それについて客観的に時間を作って相談に乗ってくれる専門医とめぐり合うことが必要になります。
信頼出来る医師を探すには、口コミも良いですが、実際に来院するのが一番です。
私は、実は2軒目に伺ったクリニックで手術を受けたのですが、最初にカウンセリングを受けたクリニックでは、あまりカウンセリングに時間を割いてもらえず、一律で1.5という数字を追っている空気がありました。
そうではなくて自分に必要な視力を見極めてもらい相談に乗ってもらいたかったので、そこでは決めなかったというわけです。

Copyright(C) 2010 れーしっく.com All Rights Reserved.