レーシックイメージ

レーシック難民と自分で気を付けたいこと

視力回復手術の後に、身体や眼に異常が起きているにも関わらず、適切な処置や治療を受けられずに、そのままの状態でいるしかない人たちのことを、レーシック難民と言います。
近年、よく見聞きする言葉です。
実際に視力回復手術を行ったクリニックでは手に負えなかったり、解決に至らない場合が多く、他のクリニックや病院を転々としなければならない状態から、この様に呼ばれるようになりました。
身体や眼に起こり得る症状としては、身体の場合は、脳圧上昇、慢性頭痛、全身の倦怠感、不眠症状、めまいや吐き気などが挙げられます。
眼の場合は、日中の視力変動、色覚異常、ドライアイ、角膜腫瘍や混濁、視力再低下などが挙げられ、他にも多くの異常が確認されています。
また、気持ちが落ち込んでしまい、うつ状態になり、自殺願望を持つようになる人も居ます。
私自身は、角膜の厚みが足りずに視力回復手術は適いませんでしたが、知人や友人に手術を受けた人が何人か居ます。
大半は経過が良好なのですが、中には、手術後に気分が悪くなったりめまいを覚えたと言う人が居ました。
あまり酷くはないとの事だったので、後日手術を受けたクリニックへ出向き、説明したところ、やはり他の病院を紹介され通院していました。
現在では、当初より大分良くなったと言うことですが、症状は未だにあるとのことです。
身体や眼に起こる異常は、治りにくい症状も多々あります。
これらの事を踏まえで、レーシック難民にならないようにするにはどうすればいいのかを考えてみました。
利用者としては、手術される側に当たるので、何も出来ないように思われがちですが、最低限知っておいた方が良いこと、しておかなければならないことがあるのです。
先ずは、何と言っても手術を受けるクリニック選びです。
ホームページからの情報だけで決めるのではなく、実際に体験した人の話やクチコミ、検査へ出向いてみるなどの充分な情報収集をした上で、総合的に症例が多く、信頼できる清潔なクリニックでを選ぶと良いです。
また、医師との意見が食い違ったまま手術を受けてしまうのも良くありませんので、検査やカウンセリングの時に充分話し合い、お互いに納得の上で手術に踏み切ることも大事です。
また、手術を受ける側は正しいレーシックに関する知識を持っているに越したことはありません。
一般的に視力が良いと言われている数値でも、強すぎたりする場合があること、手術は眼の角膜を削ると言う方法故に、一度削ったら角膜は元に戻らないと言うこと等を肝に銘じて置く必要があるのです。
逆に言えば、一気に角膜を削って良い視力にするよりは、少し角膜を浅く削ってもっと視力を上げたいと思うのであれば、更にそこから少しずつ削ると、強すぎると言う状態は回避出来る確率が高いのです。
何の知識も無いまま流れて手術を受けるよりも、少しでも正しい知識を持っていることによって、安心して手術へ臨むことが出来ます。
また、手術前後に禁止されている行為があるので、それらは厳守することが絶対です。
折角、高いお金を払って手術を受ける訳ですから、レーシック難民にはなりたくはありません。
その為に、自分の出来る範囲で出来ることをやり、最悪の事態を避けることが出来れば幸いです。

Copyright(C) 2010 れーしっく.com All Rights Reserved.