レーシックイメージ

レーシックの手術後には視界が曇ることについて

レーシックの手術というのは、目に傷をつけるものです。
それが資料区を回復させることに繋がるのですが、それでも不安を感じてしまうのはしょうがないことです。
私の場合も、手術を受けるまでは、とても不安でした。
ですが、今では本当に手術を受けてよかったと思っています。
それまでは、メガネとコンタクトを使って生活していたのですが、それだといろいろと不便を感じることがあったのです。
例えば、メガネの場合は長い時間つけていると頭痛がしてくるのです。
メガネが頭を締め付けてしまい、そのようなことになるのだと思います。
小さいころから使っていたのであれば、そのような症状は気にならなかったかもしれませんが、目が悪くなったのはある程度大きくなってからだったので、同時にメガネをかけている違和感なども感じてしまいました。
ですので、普段からメガネはあまりかけないようにしていました。
あまり目が見えなかったりするのですが、頭が痛くなるので我慢していました。
そして、平日などにはコンタクトを使うようにしていました。
ですが、コンタクトにはコンタクトの不便がありました。
まず、目が乾燥していると、コンタクトが入らないのです。
私の目は少しドライアイなのですが、激しく乾いていたりすると、コンタクトが全然入らなかったりするのです。
ですので、朝の忙しい時間にコンタクトをつけるだけでも、とても時間がかかってしまうことがありました。
メガネを使っていても、コンタクトを使っていてもいろいろと不便なことがあるので、裸眼で生活することができれば便利なのに、と思っていました。
そこでレーシック手術のことを知ったので、早速インターネットでいろいろと調べることにしました。
そこには、手術後に視界が曇っているように見える、と書いている人なども居たので、とても不安だったのですが、一度話だけでも聞きたいと思い病院にいくことにしました。
そしてそこで話を聞いたのですが、きちんと手術後なども検査をしていれば大丈夫ということでした。
もともと評判が良い病院だったこともあり、私はそこで手術を受けることにしました。
すごく不安を感じながらの手術でしたが、手術自体はとても短い時間で終わりました。
そして、目が曇ることに関しては、手術後すぐには少しそれを感じたりすることがありましたが、説明されたとおりに生活をしていると、それも徐々に気にならなくなりました。
もちろん、定期検診についても受けるようにしていました。
ですが、特に何も変化が起こることもありませんでした。
今でもときどき検診を受けるようにしていますが、特に何もありません。
視界についても、クリアな視界です。
むしろメガネやコンタクトを使っていた時の方が、視界が悪かったように感じるほどで、今はすごくきれいに景色などを見ることができるのです。
ですので、本当にレーシック手術を受けてよかったと思っています。
あのとき手術を受けるのがこわくて、やっぱり手術は受けないでおこうと思っていれば、今の視界はなかったのです。
今でもメガネとコンタクトで、不便に感じながら生活をしていたと思います。
ですので、本当にあの時、手術をすることを決意してよかったです。

Copyright(C) 2010 れーしっく.com All Rights Reserved.