レーシックイメージ

レーシックで消えた頭痛や肩こり

視力が弱いとどうしても姿勢なども悪くなってしまうことが多いのです。
出来るだけ気をつけるようにはしているものの、いつの間にか悪い姿勢になっているのも往々にしてあり、無意識の内に見やすいように自分で姿勢をそのようにしてしまっているのです。
そのために無駄な肩こりや、頭痛にずっと悩まされていたのです。
どうしても姿勢を崩すと体に負担をかけた体制を虐げられるために、肩こりになってしまうのです。
目の余計な負担をかけすぎることと、視力の使いすぎということもあって、頭痛にもなっていたのだと思うのです。
もちろん他にも原因があるかとは思われますが、頭痛も肩こりもこのような症状に悩まされるようになったのは、やはり視力が低下していったからです。
そんな頭痛持ち、肩こりで悩んでいた時同じように悩んでいた友人が満面の笑みでカラダが軽くなったから、気持ちまで軽くなったと喜んで話すのです。
レーシックを受け視力が回復したことによって、正しい姿勢で歩き、モノを見ることによって肩こりから解消されただけでなく、姿勢が良くなったことで背筋が伸び、体重まで減少したのです。
その上私以上にひどかった頭痛も少しずつ解消され、レーシックを受けいろいろな無駄なものから解放され、良いよと勧められたのです。
確かに同じような悩みを抱えていた者同士だからこそ、あまりの解放ぶりに羨ましさでいっぱいになったのです。
妬みとかではないですが、羨ましくて自分もしたいという思いでいっぱいになったのです。
視力が回復して視界が広がるのも良いですがそれ以上に一石二鳥で羨ましい、したいと思ったのはやはりカラダの不調から解放されたことです。
健康で元気なカラダが何よりも宝物です。
健康で元気なカラダの為にもレーシックを受けて、視力を戻したいと思ったのです。
実際レーシックを受けようと思ってからはトントン拍子にことが進み、あっという間に受ける事になったのです。
手前みそで恐縮ですがなぜもっと早くレーシックをしなかったのだろうと思うほど、論より証拠という感じですがこの視力回復の結果を皆に知らせたいという幸せな思いでいっぱいです。
そしてカラダの方ですが、半年経った頃からどんどんと不調だと感じていたことがなくなってきて、視力だけでなく一石二鳥の結果となったのです。
物心付いたころからメガネが自分の一部となっていて、生活というよりは人生そのものなくてはならないものだったのです。
それが今ではメガネは処分したのです。
少し前までなら考えられないです。
メガネは必ずベッド付近に置いて一日中ずっとかけるのが当たり前だったからです。
そんな当たり前のメガネがなくなると、少し物足りないようなさみしい気持ちもあります。
しかしそれ以上に今までメガネなしで外に歩くことなどなかったので、生まれ変わった自分になった気がするのです。
別人になった自分に対面し、友人の変わった様子や言われた言葉など全てが看板にいつわりなしという結果になって、大満足です。
今振り返ると一緒にしたかった、するなら言って欲しかったなど妬みもあったのかもしれませんが、今の視界を思うと終わりよければすべてよしの結果となったのです。レーシックのクリニックランキングhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.com/rank.htmlを事前に参考にしておきましょう。

Copyright(C) 2010 れーしっく.com All Rights Reserved.